shop blog
ぐらのら通信

おかげさまで3周年を迎えます

2018.05.01

石の上にも3年……

いわくらぐらのらは、5月で3周年を迎えます✧︎*。

この3年は、人生で1番早いと感じた3年でした。
毎日お店に行くのが楽しくて、お店に入ると心が落ち着き、さぁ今日も頑張ろうっ!って必ず思える。
そんな幸せな毎日の繰り返しが積み重なった3年。

3年…と聞くと思い出す事があります。

私は看護師をしていました。
高校を卒業し、下宿して病院で働きながら看護学校に通いました。
卒業後、お礼奉公で同じ病院に勤め、初めての配属先は ICU・CCU。

重体の患者さんが昼夜問わず運び込まれ、分からない医療用語が飛び交い、急変が起こるたび一刻を争う処置が行われる。逃げたくなるような毎日でした。
モニターのアラームがずっと鳴り響く現場で、毎日毎日上司に厳しく怒られ、毎日毎日が辛くて1ヶ月経った時にもう辞めようと思い、誰もいない夜の食堂から実家に電話をしました。

電話口に出た父に、
「日常からかけ離れた世界で頭と心がおかしくなそう。こんな所でやっていけない…もう辞めたい…」
と話した時に
「石の上にもなる3年っていうやろ。
せっかく看護師になったんやから、とにかく3年やってみろ。
3年経ったら、辞めるなり好きにしたら良いから」
と、言われました。

泣きながらぐっと歯をくいしばり、そこから3年その職場で頑張りました。

確かに辛い職場も少しずつ慣れ、1年後にはテキパキ動ける看護師になっていました。

しかし、あの時の3年は本当に長くて、同じ3年とは思えません。
今と全く違う職種です。

看護師も好きだったけど、今のぐらのら生活の方が比べ物にならないくらい好きです。
突然始めたお店は、経営も販売も製造も全て経験値ゼロからのスタート。
知らない事だらけで毎日が学びでしたが、お客様からかけて頂く温かい言葉は私の喜びであり宝物であり、何とも言えない幸せな気持ちでいつも満たされています。
こんな素敵な仕事に出会えた3年前。
そして、それが積み重なっていった幸せな3年間。

4年目もお客様への感謝の気持ちを胸に、心を込めて丁寧にグラノーラを焼きますので、どうぞ”いわくらぐらのら”をよろしくお願いいたします✧︎*。

近々、3周年イベントについてお知らせしますね♪

PAGE TOP

オンラインショップはこちら



京都北山のグラノーラ専門店「いわくらぐらのら」